temperamental 7

flyer_01

福岡のbar water loungeで、毎月第三火曜日に開催しているエレクトロニカ/音響系チルアウトミュージックイベント temperamental の7周年を、大名の紺屋ギャラリーで開催します。ゲストアーティストはmoshimoss、Polar M、quelle の3組。当日織り成す空間は皆さんきっと気に入って頂けると思います。是非、temperamental 7 へお越し下さい。

10月27日(日) start 18:00
konya-gallery ¥2000

live
moshimoss, Polar M, quelle, kamatakohshi

dj
tetsuro

vj
太陽と月と星がひとつになるとき

p.a.
吉田主税

design
Toru Yoshii

TPM7はソーラーパネルで充電したバッテリーのみで音を出力します。

konya-gallery
福岡市中央区大名1-14-28 (紺屋2023 2F)

guest profile

– moshimoss – (nothings66, Dynamophone)
1979年 山梨県生まれ。音楽家・イラストレーター。
山梨の音楽レーベルNeguse Groupを主催し、Kosuke Anamizu名義で、ドイツのTraumからProcessとのスプリットEPや、mule electronicからリリースした、ミニマルハウス・ダブなどの作品で知られる。
2010年、サンフランシスコを拠点とするdynamophone recordsより「Hidden Tape No.66」をリリース。
2011年には、L.E.D. feat. 原田郁子の「I’ll」のRemix EPにリミキサーとして参加、Cokiyu や Geskia などのアーティストを始め、リミックスワークも多数手がける。
2012年には moshimoss として Fujirock Festival’12 への出演を果たした。
2013年5月22日、新作「endless endings」をリリース。
今冬、Preghost名義でアメリカの老舗レーベルn5MDより、1stアルバムのリリースが決まっている。

http://kosukeanamizu.com/

– Polar M –
ギターサウンドを中心に展開されるサウンドスケープ。
繊細ながらも強い情感を持って鳴らされるそのサウンドは、深く静かに、時に反復し、時にいびつにその形を変えていく。ソロやユニットでのライブの他、ダンスとの共演、ショートムービーや映像作品への楽曲提供等々、その活動は多岐に渡る。
2011年、ファーストアルバム「Northern Birds」をNKR(Nomadic Kids Republic)より、またセカンドアルバム「The Night Comes Down」をshrine.jpよりリリース。昨年9月に大阪のシネ・ヌーヴォにて公開されたサイレントムービー『月世界旅行』では、初日にPolar Mによる生演奏付き上映がおこなわれ、好評を博した。
2013年秋、Marihiko Haraとの共作アルバム「Beyond」をmü-nestよりリリース。

http://www.muranakamasumi.com/

– quelle –

時期タイトル場所/住所カテゴリー